施術後はケアを忘れずに!

ほくろ

ほくろを除去した後のケア方法

ほくろを除去しても安心してはいけません。美容クリニックで除去してもアフターケアをしっかりやる必要があります。なぜなら、ケアを怠ってしまうとほくろが再発する恐れがあるからです。美容クリニックでは、ほくろを除去した後はテープを貼って傷口を保護してくれます。ほくろを除去した部分に刺激を与えてしまうとほくろが赤くなる事もありますので、乱暴に扱わないようにしましょう。テープを貼る理由は、患部が盛り上がらないように防ぐためでもあるので、傷が治るまではテープを貼って生活をして下さい。ほくろを除去すると施術した部分は、施術前と比べて皮膚が薄くなっています。紫外線対策をしないで、外に出てしまうとメラニン色素が沈着しやすくなりますので注意して下さい。除去をしていても紫外線を浴びてしまうとまたほくろができてしまいます。ほくろができる原因はメラニン色素にあります。紫外線を浴びてしまうとメラニンを作り出してしまいます。ほくろを除去した後は、再発をしないように紫外線対策を忘れないようにしましょう。外出する際は日焼け止めクリームを塗って、日傘や帽子を使って予防をして下さい。外へ出て紫外線をたくさん浴びてしまったら、肌がすぐに回復するように保湿を忘れないようにしましょう。肌に水分をたっぷり与える事で、古い細胞が排出されて、メラニンが含まれた細胞を除去していきます。実は、湯船に浸かる事でほくろを予防する事もできます。体を温める事で血行が促進されるので、新陳代謝を高めてくれます。新陳代謝を高めることで、肌のターンオーバーが正常になるので、メラニンを排出し、ほくろができるのを防いでくれますよ。また、入浴後に首周りを冷やすと褐色脂肪細胞が活性化するので、新陳代謝も良くなります。お風呂で体を温めた後は、冷水で首周りを冷やしてみて下さい。肌のターンオーバーを更に良くするなら、適度な運動をすると血行が良くなるので、肌の細胞の代謝を高めてくれますよ。肌の代謝が良くなれば、古いほくろ細胞をなくしてくれるので、ほくろが出来にくい肌になります。運動はウォーキングやヨガなど軽めの運動でも大丈夫です。また、ストレスを溜め込むのも良くありません。ストレスが蓄積されると女性ホルモンも乱れやすくなるので、肌トラブルの原因になります。肌が荒れてしまうとほくろもできやすくなるので、自分に合ったストレス解消方法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにしましょう。バランスの良い食事をする事も大切です。ほくろができる原因を作るメラニン色素を抑えてくれる食べ物はあります。ポリフェノールが含まれている野菜の皮やほくろ細胞を壊してくれるにんにく等を積極的に摂っていくと良いでしょう。ほくろを除去すると肌にダメージを与えてしまうので、通常よりも肌はデリケートになっています。せっかく、クリニックでほくろを除去してもアフターケアを適当にやってしまうとまたほくろができる事もありますので、ほくろが再発しないように肌に良い生活を送るようにしましょう。