自宅で除去する場合の注意

ほくろ

ほくろは自分で除去できる?

ほくろ除去の手術は、美容目的になりますので保険が適用されません。ほくろのように見える皮膚疾患の治療であれば保険が適用されますが、美容の為にほくろを除去するのであれば実費負担になってしまうので、手術を受ける際はほくろ除去にかかる費用について確認をする必要があります。小さいほくろを除去するのであれば、病院や除去方法によって料金は違ってきますが、1回の手術につき大体7,000円ほどかかると言われています。あまり費用をかけずにほくろを除去したいのであれば、自分でほくろを除去する方法はあります。それはカソーダを使う方法です。カソーダとはヒマシ油と重曹を混ぜたものです。綿棒などを使って、ほくろがある部分にのせるだけでほくろを溶かしてくれる働きをしてくれます。カソーダを使用し続けることで、だんだんほくろの色が変わっていき、かさぶたのようになっていきますので、自然とほくろがとれやすくなります。カソーダは作り方が簡単で、材料もすぐに手に入るのですが、使用方法を間違えると肌トラブルになる恐れがあります。また、重曹には強いアルカリ成分が含まれていますので、自作のカソーダを使用する事で逆に肌が荒れる事もありますので、顔に使用する際は自己責任になります。ホルモンバランスの影響からカソーダは、未成年の使用をおすすめしていません。未成年で肌トラブルに悩んでいる方は、カソーダを使わずに皮膚科で治療を受けた方が良いでしょう。正規品であれば自作カソーダよりは安全に使用できますが、使用をする際は注意書きを確認して、パッチテストをしてから使用して下さい。ほくろを自分で除去する場合、やってはいけない方法が2つあります。それは針を使用してほくろをくり抜く方法と出っ張っている場所をカミソリで削る方法です。この方法でほくろを除去してしまうと肌が傷つくだけではなく、感染症などを起こす危険性があります。また、顔に穴があいてしまうと病院で治療を受ける事になります。病院で治療を受けてもほくろがあった部分に傷跡が残ってしまうので、自己判断で無理矢理ほくろを除去するのは避けて下さい。自宅でほくろを除去できるのは、小さいほくろと色が薄いほくろのみです。ほくろが大きい場合はクリニックで除去をするのがおすすめです。特に病気の可能性があるほくろができた場合は、自分で治療をするのは危険で、除去できても悪化してしまう場合がありますので、ほくろができたら自分で除去するよりもクリニックで除去して貰った方が安心ですよ。ほくろによっては放置しても大丈夫のものもあれば、早めに除去した方が良いほくろもあります。ほくろの種類や状態によっても除去方法や費用は異なりますので、ほくろができたらまずは、診察を受けて下さい。医師に悩みや要望を伝える事でほくろを綺麗に除去できるように、患者にあった除去方法を提案してくれますよ。