女性

ほくろを除去する方法

美容クリニックを受診すれば、綺麗にほくろを除去してくれます。ほくろの状態や数などによって除去方法も変わってきます。それぞれの除去方法にはメリットやデメリットもありますので、それを理解した上で治療を受けると良いでしょう。

詳しく見る

ほくろ

施術後はケアを忘れずに!

ほくろを除去した部分は、皮膚が薄くなっています。皮膚が薄くなっているということはいつもより肌が敏感になっているので、スキンケアをやらないとほくろが再発してしまいます。ほくろが再発しないようにアフターケアを忘れないようにしましょう。

詳しく見る

ほくろ

自宅で除去する場合の注意

ほくろが小さい場合は自分で除去する事は可能です。しかし、自己判断でほくろを除去してしまうと肌トラブルの原因になります。ほくろを除去する際は、どんなほくろなのか見極める必要があります。クリニックを利用すると安全にほくろを除去してくれますよ。

詳しく見る

ほくろができる原因

医者と看護師

ほくろで悩んでいたら美容クリニックへ

顔にほくろがあると気になりますよね?ほくろは、無害なものがほとんどですが、美容の事を考えたらほくろを除去したいと思っている方は多くいるでしょう。ほくろの中には病気の元になるものもありますので、放置するのもあまり良くありません。そもそもなぜ、ほくろはできるのでしょうか?遺伝子によって、生まれつきほくろがある場合もありますが、大体が紫外線によってできる事が多いです。紫外線を長時間浴びてしまうとメラニンが活性化してしまうので、ほくろができやすくなります。紫外線以外にもストレスの蓄積やホルモンバランスの乱れによって、ほくろができる事もあります。女性ホルモンの一つであるプロゲステロンが多く分泌されると、メラノサイトの働きが強くなってしまうので、メラニン色素を増やしてしまいます。ターンオーバーが正常であればメラニンを排出してくれるので、ほくろができるのを防いでくれます。しかし、妊娠中や生理前はプロゲステロンの分泌が増えてしまうので、メラニンを排出する事ができず、排出できなかったメラニンがほくろになってしまうのです。生理前であればプロゲステロンが増える期間が短いので、ほくろはできにくいのですが、妊娠中だと期間が長いのでほくろができやすくなります。生理前や妊娠中じゃなくてもしっかり睡眠時間が足りていなかったり、ストレスが溜まっていたりすると肌のターンオーバーが乱れるのでほくろが増える可能性が高くなります。他にも顔を強く擦るなど肌に刺激を与えてしまうと皮膚の細胞が傷つきますので、ほくろができやすくなります。ほとんどのほくろは良性が多いですが、病気を引き起こす悪性のほくろもあります。良性のほくろであれば美容クリニックで除去をする必要はありませんので、放置しても大丈夫です。ただし、ほくろを傷つけてしまうと悪化する事もありますので、注意して下さい。ほくろが悪性である場合は、悪化する前に早めにクリニックで除去をした方が良いでしょう。良性のほくろと違い、悪性のほくろを放置してしまうと病気の原因になってしまうので、危険です。ほくろの近くに小さなつぶつぶがあったり、変色をしていたりすると悪性のほくろの可能性が高いです。ほくろの状態によっては、がんができる場合もありますので、ほくろに変化があればすぐにクリニックで診察を受けましょう。悪性のほくろは成長するのが早く、大きなってしまうと除去するのにもお金や時間がかかってしまいます。ほくろにがんができて、発見に遅れてしまうと治療をしても治らない事もありますので、ほくろの様子がいつもと違っていたら早急に対処する必要があります。良性か悪性なのか判断ができない場合は、一度医師に診てもらうと良いでしょう。